ネパール サッレリ村
標高2400メートル


この日は、首都カトマンズに帰る日。


朝の4時、まだ真っ暗の中起床し、荷物を持って受付まで行く。

このボロいホテルの受付で待機してると、宿主が起きてきて、精算を済ませた。


真っ暗の中、ヘッドライトを付けて、昨日ジープのチケットを予約したオフィスに向かう。


朝方はやはり、クソ寒いな。
エベレストトレッキングで殆ど着なかったダウンジャケットを着ていった。


5分ほど歩くと、オフィスに到着。
P_20171123_192309


昨日、チケットを売ってくれた親子らしい二人が私を待っていた。


どうやら、ジープは息子が運転するらしい。彼はドライバーだったのか。



乗客は他には誰もいなかった。



彼と歩いて駐車場に行き、窓ガラスがバリッバリに凍ったジープに乗り込み、エンジンをかけて車を温める。


10分ほどしてから、出発した。



直ぐに村の下り坂に着き、そこで車は停まった。



どうやら、これからここで乗客を集めるらしい。


1時間ほどかかり、何とか7人ほどの乗客が集まった。全員チベット顔のネパール人だ。

良かった。ちゃんと出発するらしい。一安心だ。


私が泊まったボロホテルのオヤジがストライキで1週間はカトマンズ行きの車は無いとか言ってたのは何だったんだ。ただの嘘だったのか、何だったのかマジで…。



さて、走り出したジーブには若い姉ちゃんが乗っているのだが、奴が車酔いしたらしく、窓を開けて吐きまくっている。

ビニールに吐いたゲボもビニールごと外に捨てていた。ネバール流か?まぁ、車内に於いて置かれても困るけどな。



数時間、山道を進むと川岸の道に出た。
P_20171124_102237_HDR

景色が良くて、見てるだけで飽きない。
何にもないが、ここでテントを張って川で魚を釣って食べたりしながら2、3泊したら楽しいだろうなーと思った。



その後、広大な農地の長閑な景色なども出てきて気持ちいい。ここら辺で降りて農家の人達の生活を見るのも面白そうだなーと思った。


いつか、そういう旅もしたいものだ。観光地ではない、田舎の絶対に観光客が来ない長閑な農村などで数週間過ごして回るというのも面白いだろう。



さて、お昼頃には昼食を食べる平屋の食堂に着いた。


基本的にネパール人ばかりだが、僅かにヨーロピアンもいたので、私と同じようにカトマンズに車で戻るトレッカーだろう。



メニューは、ネパールの家庭料理であるダルバートのみ。細かい野菜とかは選べるが、メニューはこの一択らしい。



適当にみんなが食べてるのと同じものを頼んだ。150円程度。
P_20171124_124525


車内で車酔いで吐いていた唯一の若い女の子と相席になった。

彼女は車酔いで涙を流したから、目の回りの黒いアイラインが落ちて、見るに堪えない顔になっていた。


車中でもチラチラ見てきて、私の事が気になったのか、ここでも食べ方などのコミュニケーションをとってきたが、私は興味がなかったので会話は続けない事にした。



40分ほど休憩して、そこからまた暫く田舎道を車で走った。


14時位になると、町に出た。人がゴミゴミと多く、町も汚い。

もうすぐ着くはずだ。


何人か降ろし、ついにあの姉ちゃんも降りる時がきた。


1000ルピー(1000円)だけを払っており、ドライバーにおいおいおいと言われる。


姉ちゃんは何か笑いながら、ここまでだったら1000ルピー位でしょ!みたいな会話をドライバーとしている。



どらいばーも、真剣な顔でいやいやいや、君は重い荷物を車の上に載せてるから1000じゃ足りん!みたいな会話(予想)。


みんな実家から米やら何やら大量に車に積んでおり、ここカトマンズまで運んで来てるのでかなりの重い荷物がジープの車上には乗っているのだ。



最終的に幾らか姉ちゃんが追加で払い、彼女は去っていった。


それから20分くらいかけ、ついにカトマンズのチャバリに到着!!!!



おおおー、20日ぶりの帰還。このごみごみした感じ懐かしい。



ドライバー、ありがとう!!
チベット顔のとても親切なドライバーだった。


さて、どうやってタメル地区まで帰るかな。


宿のあるタメルまでは、チャバリから4キロくらい。かなり近い。



タクシーだと、タメルまでは高くても300ルピー(300円)。ローカルバスだと僅か20ルピー。



勿論、私はローカルバス!!



しかし、どのバスがタメルに行くかが分からない。
かなりの数のバスが通過するが、どれか分からない。


近くのやつらに聞いてもよく分からないらしい。みんなタメルには行かんからな。


で、結局、30分くらい粘り、



バスを諦める…




そして、なんと、タクシーとかいう裏技を使い始めた私。





ダサっ!!!



エベレストトレッキングで毎日、山道を10km以上も歩いていたくせに、タメルまでの平坦な道を4kmも歩けないのか。



俺、ダサっ!!

下山した途端これだからなぁ。
この体たらく。



しかし、カトマンズは山道ではないものの、人と車が多すぎるのと、地面が汚いのであまり長距離を歩くのには向いていないのだ。

いや、マジで。



っていう言い訳でタクシーに300円払い、タメルまで帰った。



タメルでは20日前に泊まっていたトラベラーズホームという、宿に戻った。


ユウキ君ともここで待合せしていたからね。



トラベラーズホームに行き、帰ってきた旨と空き部屋を訪ねると、なんとドミトリーは満室。


そして8$と10$の安い個室も満室。



ということで、この日はここは諦める。



受付に座っている山田さんという、よくここに出入りしていて、日本人宿泊者に煙たがれている白髪のオジさんがここのグループホテルであるグレードの高いホテルに1000円で泊めてやるとのことで付いていく。



通常、1500-2000円位のツインベッドの部屋を1000円で泊まれる事になった。


山田さんと、このホテルの関係性はよく分からないが、本人曰く業務提携しているとか。


とにかく、ここのホテルでは彼の言うことは何でも通った。


荷物を置いて久しぶりのシャワーを浴びる。
一応ホットシャワーだ。20日ぶりのシャワー。


人間に戻った感じがする。


髭も剃った。



20日ぶりに鏡で見た私の裸体はガリッガリだった。



うわぁ、ひでぇ…。



骨ほねロックみたい。

10kg以上は痩せたと思う。

日本を出てきたときに66kgはあったが、鏡で見る私の体は55kg以下だろうな。


僅かに出ていた腹は、脂肪が無くなり腹筋が割れている。
自分の腹筋が割れているのを見るのは久しぶりだった。


重い荷物を背負っていたこともあり、唯一、僧帽筋だけは発達していたが、それ以外はカリッカリだ。
見るに絶えないので、あまり長くは見たくなかった。



一回が日本食レストランになっているので、おっちゃんお勧めの、豚カツ定食500円をオーダー。



めっちゃうまい!!
トレッキングで不味い飯ばかり食べていたので、レベルは高くないものの、久しぶりの豚カツは旨かった。



問題はこの山田さんだ。



話がめっちゃ長い。

話し相手がいなくて寂しいのだろう。
こうやって若いバックパッカーを捕まえては自慢話をしているのだが、まぁ、それは 良いのだが、話が長く、なかなか解放されない…。


2時間ほど山田さんの自慢話に付き合い、疲れてきたので、トラベラーズホームに行くとと言って脱出した。


ふぅ。


疲れた。



トラベラーズホームでは、ユウキ君が屋上で戯れていた。


他にも何人もエベレスト帰りのバックパッカーがいて楽しそうだった!


明日はここに移動しよう!!




私の長いエベレストトレッキング。


自分にお疲れ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村