タイ・バンコク



朝の8時発のツーリストバスに乗り込み、2年ぶりのカンボジアに向かった。



バスの中は暇だったので、ひたすら音楽を聞いて過ごした。



後半になると、前方に向き合って座っていたヨーロピアンが私の機嫌をとるために手をあげて挨拶をしてきた。


私がキレてるとでも思ったのだろう。


私は普段から表情が硬く、いわゆる無愛想な顔なので、機嫌が悪くなくても機嫌が悪く見られるという損な顔をしているのだ。


だからこの日も何度か目が合うヨーロッパの奴の顔をじっと見ていたら、後半になり、彼も私の気をとろうとしたのか手を上げて合図を送ってきたので、私もそのまま手をあげ返して挨拶をした。


そんなこんなで、バスは三回くらい止まるだけで、あとは真っ直ぐ進み、夕方の18時くらいにシェムリアップに到着。



懐かしい景色だった。




この2年でかなり変わったな、と感じた。


前よりももっと栄えている。



分かりやすく言うと、お店がかなり増えた。

そして、中華系のホテルやレストランが多くなった。中国資本がいっぱい入ってきてる証だろう。




さて、ここはどこや。
でも、なんとなく場所は分かるので、群がるタクシーやトゥクトゥクの勧誘を無視して目的のクローマーヤマトという長い歴史のある日本人宿に向かった。



そして、クローマーヤマトには泊まらずに、その同じ通りにあるというシティゲストハウスに向かった。



シティゲストハウスは、2年前の2014年に来た時にはまだなかった、日本人経営のゲストハウスで、最近そこそこ人気らしい。

タイのバンコクに宿泊していたときに宿のスタッフのポンタ君が「マジでいいっすよ!」とお勧めしてくれたのだ。



さてさて、既に夜の7時をまわり、暗い道をテクテクと進むと見えてきた、シティゲストハウス。



盛り上がっていると思いきや、、、、、ちーーーーん。




シティは静まっていた。
真っ暗の中に薄暗い灯りとかすかな話し声。




その静けさの中にマサくんを発見!


マサくんは2日前にバンコクのゲストハウスで一緒だった男子で、私がここのシティゲストハウスを勧めていたこともあり、ここで再会する予定だったのだ。



案の定、マサくんはいた。

暗い中で椅子に座り、ひとり携帯をいじっていた。



客は他には一人、二人くらいしかいなかった。



マサくんに挨拶をして、ドミトリー部屋に荷物を置いてご飯を食べることにした。



食べに行くのが面倒だったので、宿でロックラックライスというカンボジアの庶民料理をオーダー。


料理はカンボジア人のメイドの女の子が作ってくれた。


外の薄暗いスペースでご飯を食べながら、シティゲストハウスの名物である0.5$のビールをオーダーし、マサくんとお喋り。




宿のスタッフが言うには、ちょっと前まで客が多かったが、年末が近づきかなり減ったという。




宿には数少ない客とめっちゃ可愛い女の子が1人いた。



なんでこんな可愛い子がいるのに、マサくんは仲良くなろうとしないのだろうか…笑



1人で座って携帯いじるとかしてないで、もっと頑張ってくれてれば、私もすんなり彼女と仲良くなれたのにーーーと思っていたら束の間、、、



なんか、夜にワゴン車が来て、、、




なんと!!!彼女はみんなに挨拶をして、旅立ってしまったーーーーーーー!!!!




なーにーーっ!



どうやら、短期で2ヶ月くらいスタッフとして働いていたみたいで、そして今日が帰国の日だったらしく、、、「お世話になりました!」と言って宿のスタッフに温かく見送られながら去っていった…。




はぁ、( ´Д`)




やる気なくしたぜ。



この客のいない宿での楽しみというか、唯一の希望の光だったが、一縷の望みも絶たれた。




何か楽しそうな所に移動したいな!と早くも思い始めた。




さて、部屋だが、正直この宿のドミトリー部屋は嫌いだ。


部屋は靴を脱ぐスタイル。それはよい。


ただ、窓がなく、暗くてジメジメしているのと、トイレとシャワーが部屋に併設されており、トイレにはサンダルもないため裸足でトイレに入らないといけない。


裸足でトイレとか嫌なんだよな。ションベンが飛び散ってる床を裸足で歩くのが私は未だに抵抗がある。で、その足でまたベッドに横になるというのも嫌だ。



で、便座の近くにシャワーがあるため、常に便座がビショビショというのも嫌だ。座る度に拭くの嫌じゃん。




ということで、マサくんと夜な夜な、私が2年前に泊まったゲストハウスに下見に行くことにした!



まずは2人でスーパーマーケットに行き、適当にアイスとかカップラーメンとかを食べて、翌日の朝食のパン等を買ってから、私が2年前に泊まった安宿に向かった。




2年前とスタッフも同じで、宿泊料金も変わらずに3$だった!安い!
シティゲストハウスより安い。シティは5$だからね。



明日泊まる事を宿のスタッフに告げ、マサくんとシティゲストハウスに戻った。



シティも悪くないんだけどな。いかんせん、この時期は人が少なくて楽しくなさそうなのと、トイレ問題で一泊で出ることにした。

申し訳ない!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村